オオサカ堂閉鎖の噂について

subpage1

オオサカ堂といえば、インターネットが一般化した1990年代後半に創業されて医薬品個人輸入のサイトです。

よく利用されているオオサカ堂のフィンペシア情報を調べられるこのサイトはオススメです。

グーグルトレンドというグーグルのインターネット検索件数を見ましても2015年9月現在1カ月間に9万5千件の検索件数があり、(これは1日約3000件に上りますが)オオサカ堂にアクセスする人は、ブックマークからであったり、医薬品名からのときもあり、1日3000件をはるかに超すアクセス数があることでしょう。

これからはlivedoorニュースに関してはこちらのサイトをご覧ください。

そうなると、ホームページが重くなったり、開きにくくなったりすることがあります。
そんな時は時間を置いてアクセスしてみるといいでしょう。


オオサカ堂でも、サーバーを増強して対応しているようですが、為替の変動があると、アクセス数がさらに増えることがあるとの事です。

2015年5月7日にオオサカ堂にアクセスすると、メンテナンス中と表示されてアクセスできなかったことがあります。


これは、この会社のサーバーがダウシテ新しいドメインに移転させたことが理由です。
その時、「オオサカ堂が閉鎖した」という噂が、流れましたが、「閉鎖した」というのは間違いで営業がずっと続けられていました。



2015年5月9日には、今までの利用者にメールが来て新しいドメインが案内されています。


1015年6月には、サーバーも安定して閉鎖はされることなく営業は続けられています。

この会社は2013年にもドメインの変更をしていますし、ほかの医薬品個人輸入代行会社でも、ドメインを移転させていますので、この系統の会社では避けて通れない事なのでしょう。